商品情報にスキップ
1 4

さんぷるん

さんぷるん ドリンクVol.6 ジンジャーエール

さんぷるん ドリンクVol.6 ジンジャーエール

通常価格 ¥1,980 JPY
通常価格 ¥1,980 JPY セール価格 ¥1,980 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
詳細を表示する

折りたたみ可能なコンテンツ

商品説明

ゼラチンのジュースパックでつくる食品サンプル「ジンジャーエール」の製作キットです。
-
「さんぷるん」は、熟練の食品サンプル職人が考案したご自宅で食品サンプルづくりを体験できるキットです。昔ながらの蝋(ロウ)や最新の樹脂素材など様々な材料が取り入れられています。
-
毎年、さんぷるんを使ってできる小学生向け自由研究・工作向けの企画を実施しています。
2022年もさんぷるんと一緒に提出できるワークシート(レポート用紙)やメニューカードを配布予定です。お楽しみに!

内容物

・作り方説明書 1枚
・ジュースパック(ゼラチン) 1個
・カップ(PET) 1個
・氷(プラ) 8個
・チェリー(ビニール樹脂) 1個
・レモン(ビニール樹脂) 1個

必要なもの

・お湯(90℃~100℃)
・水(常温)
・ボウルまたは洗面器(耐熱、お湯用)
・ボウルまたは洗面器(水用)
・スプーン
・割り箸
・ゴム手袋
・はさみ
・タオル
・洗濯バサミまたはクリップ

レベル目安

こちらの商品は「中級」です。
ものづくりが好きな方や、さんぷるんを作ったことがある方におすすめです。
初級よりも工程と具材が多くなります。
食品サンプルのならではの表現ができる持ち上げの麺類、デザートではパフェやドリンクがあります。
材料にロウ、ゼラチンの両方を含む場合はそれぞれに適した温度のお湯が必要です。
(ロウは42~45℃、ゼラチンは90~100℃)

注意事項

製作の前に説明書を読んでから製作を始めてください。
・本品は食べ物ではありません。
・ゼラチンを材料とした商品について
 ※気温や湿度によっては作品の表面に結露が発生して色が染み出ることがあります。その際はティッシュペーパーなどで拭き取ってください。
 ※ゼラチン( シロップ、ソース、スープ) は凝固後、時間とともに収縮やひび割れを起こす場合があります。
・本製品は食品サンプルづくりがご自宅で体験できるキットです。製品完成後、長期にわたって状態の保持を保障するものではありません。
・保管する環境によっては変色・褪色する場合があります。
※14歳以下のお子様が製作する場合は、必ず大人の方の管理下で行ってください。

大口注文について

大量注文のご希望がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。その際に費用や納期についてご相談させていただきます。

※商品の在庫が無い場合は別途増産対応とさせていただいております。ご入金後のキャンセルはできかねますので予めご了承ください。
※オリジナル商品の製作は承っておりません。
※法人様のノベルティ制作についてはこちらからお問い合わせください。

自分でつくる食品サンプル製作キット「さんぷるん ドリンク フロート」の完成イメージ画像です。
自分でつくる食品サンプル製作キット「さんぷるん ドリンクvol.6 ジンジャーエール」の内容物画像です。
自分でつくる食品サンプル製作キット「さんぷるん ドリンクvol.6 ジンジャーエール」の完成イメージ画像です。

攻略レシピ

「さんぷるん ドリンクVol.6 ジンジャーエール」の作り方のコツを動画でご紹介しています。
説明書には載っていない裏技なども掲載しています。

見てみる
  • はじめて「さんぷるん」をつくる方向けのページ「はじめてのさんぷるん」のバナー画像です。

    さんぷるんって?

    自分で作る食品サンプルキット「さんぷるん」を初めてつくる方に、基本の作り方や内容物をご紹介しています。

    もっと見る 
  • 自分でつくる食品サンプルキット「さんぷるん」のアレンジレシピバナー画像です。

    アレンジレシピ

    「さんぷるん」やパーツを使って、キットにはないアレンジレシピを紹介しています。
    オリジナルのアレンジ作品を作ってみてください。

    もっと見る 
  • 元祖食品サンプル屋が行っている「商品サンプル製作体験」のイメージ画像です。ロウのレタスを作っています。

    食品サンプル製作体験

    合羽橋店・東京ソラマチ店では食品サンプル製作体験を実施しています。

    もっと見る 
元祖食品サンプル屋の思いのバナー画像です。

私たちの思い

「元祖食品サンプル屋」は2011年、食品サンプルの持つ不思議な魅力を届けたいという思いから生まれました。

もっと見る